【Mac】「バッテリーの状態管理」機能は電源接続時もバッテリー残量を消費する?

【Mac】「バッテリーの状態管理」機能は電源接続時もバッテリー残量を消費する?
スポンサーリンク

こんにちは。ゆとり(@yutori_techblog)です。

先日、というか結構前ですがmacOS Catalina 10.15.5が配信されましたね!

このアップデートの目玉機能として、「バッテリーの状態管理」機能が追加されています。
ノートブック型Macの内蔵バッテリーの充電状況をソフトウェア管理し、バッテリー劣化スピードを抑える機能ですね。iOSにはすでに実装されていましたが、Macにも同様の機能が実装された形です。

さっそく、愛用しているMacBook Pro 16インチモデルにもアップデートをインストールし、この機能を使用しているのですが、とあることに気付きました。

スリープ復帰直後は電源接続時でもバッテリーを消費する

macOS10.15.5にしてから、スリープ復帰後数分間電源アダプタ接続時でもバッテリー残量が低下することに気づきました。
画像のように、Macを電源アダプタに接続している状態(雷マークが表示されている)にもかかわらず、時間経過とともにバッテリー残量が減っています。

10.15.4以前はこのような現象は発生していなかったので、「バッテリーの状態管理」機能によるものではないかと思います。

電力供給元を確認してみる

常駐アプリ「iStat Menus」を使用して、電源の供給元を確認してみましょう。

電源に接続されているのに、バッテリーから電力が供給されていることが確認できます。
※なぜか総出力よりバッテリー出力の方が多いですがツッコミはなしで

ところが、このまましばらく使用していると…

バッテリー出力がほぼ0になりました。
ちょうど、バッテリー残量が90%となったタイミングでバッテリーからの出力が止まっていますね。

バッテリーを90%まで消費すると電源アダプタから電力が供給され、バッテリーを放電から充電に切り替えるようです。

長時間バッテリーが満充電状態になるのを防いでいる?

このことから、macOS Catalina 10.15.5のバッテリーの状態管理機能は、バッテリーが満充電状態で放置されることを防いでいるのではないかと推測します。一般に、リチウムイオンバッテリーは、満充電状態になると寿命が短くなるとされているので、これに対策した形ですね。

しかし、バッテリーを使用していないのに、充電-放電サイクルの回数が無駄に消費されてしまうのは悔しいところですが…。Appleがこの方がいい!というのですから素直に従うことにします。

最後に

この記事は「10.15.5にアップデートしてからなぜかバッテリーが減っている?」と感じている方に「僕も同じ現象が起きてるよ!」と知らせるために書いた記事です。
信憑性は保証しませんのであしからずご容赦ください。

ちなみに電源供給元が確認できるアプリ「iStat Menus」は以下からダウンロードできます。とても便利なのでよかったらぜひ。

‎「iStat Menus」のレビューのチェック、カスタマー評価の比較、スクリーンショットやその他の詳細情報を見ることができます。macOS 10.11以降対応…
apps.apple.com