【超初心者向け】Illustratorで「斜めに分断された背景」を作る方法

【超初心者向け】Illustratorで「斜めに分断された背景」を作る方法
スポンサーリンク

こんにちは。ゆとり(@yutori_techblog)です。

アイキャッチ画像のような、斜めに分断された背景を簡単に作る方法をご説明します。

僕自身Illustratorはごく初心者で、備忘録的な意味も込めて丁寧に記事を作成したので、かなり初心者向けの記事だと思います。

四角形を作る

まずは、基礎となる四角形を作成します。

ペンツールを選択

ペンツールを選択します。キーボードでPキーを押下してもOKです。

ペンツールを選択
上部中央をクリック

キャンパスの上端部をマウスでなぞると、「交差」と出てくるポイントがあります。この部分が左右中央の位置なので、ここでクリックして分断する線の上端を設定します。

中央上端をクリック
下部中央をクリック

同様に、キャンパスの下端部をマウスでなぞると、同様に「交差」と出てくるポイントがあります。ここで再びクリックし、分断する線の下端を設定します。

中央下端をクリック
左下と左上もクリック

分断領域を塗りつぶすため、同様にキャンパスの左下と左上を順番にクリックします。

左下をクリック
左上をクリック
四角形を作る

最後に最初にクリックした上部中央と同じポイントをクリックして、四角形を完成させます。このとき、ペンの右下に○が出ているときにクリックしてください。○は、今まで描いたパスが1周回って閉じられることを意味します。

ペンの右下に○が出ていることを確認してクリック
塗りつぶす

作った四角形を任意の色で塗りつぶします。アピアランスパネルの「塗り」から、任意の色を選択します。キャンパスの左半分に塗りつぶされた四角形がある状態になります。

任意の色で塗りつぶす
塗りつぶされた四角形がキャンパス左半分にできる

四角形を斜めに変形する

塗りつぶされた四角形を変形して、斜めに分断されるようにします。

ダイレクト選択ツールを選択

ダイレクト選択ツールを選択します。Aキーを押下してもOKです。ダイレクト選択ツールは、図形全体ではなく、図形を構成する一つ一つのアンカーポイントを選択するツールです。

ダイレクト選択ツールを選択
右上のアンカーをクリック

四角形の右上のアンカーポイントをクリックして選択します。このとき、その他の3つのアンカーポイントは白抜き状態で選択されていないことを確認します。

四角形の右上のアンカーポイントをクリック
その他のアンカーポイントは白抜き状態
X座標をずらす

アンカーポイントのX座標をずらします。ここでは、200px右にずらすことにします。「プロパティ」パネルの「アンカーポイント」から、Xの末尾に”+200″と入力してEnterキーを押します。

Xの値を+200する
図形が変形する

右上のアンカーポイントのX座標が200px右に移動し、図形が変形したことが確認できます。

図形が変形した
右下のアンカーもずらす

同様にして、右下のアンカーポイントの座標も変化させます。今度は、X座標を-200pxずらします。

右下のアンカーポイントを選択
X座標を-200ずらす
左半分が完成

これで左半分が完成しました。

左半分が完成した

完成した図形をコピーする

続いて、完成した左半分の図形をコピーして、右半分に適用します。

図形を複製

左半分の図形をコピーします。レイヤーパネルから<パス>を選択し、右上の三本線をクリックして「「<パス>」を複製」をクリックして複製します。

<パス>を選択
「<パス>」を複製
複製された
180度回転

複製した図形を180度回転させます。先ほどのプロパティパネルから、角度のところを「180」にします。

複製した図形を180度回転させる
右半分に移動

回転した図形を右半分に移動します。

回転した図形を選択して…
右半分に移動します

右半分の色を変更

右半分の色を任意に変更します。

完成!

左右に斜めに分断された背景が完成しました。

完成しました!

さいごに

以上、Illustratorで斜めに分断された背景を作成する方法を備忘録的な意味も込めて書き留めました。
お役に立てれば幸いです。

ご意見、ご質問等ございましたら、コメントもしくはTwitterへお気軽にお寄せください!

スポンサーリンク