【Mac】Dreamweaverでリモートサーバーとの比較ツールができないときの対処方法

【Mac】Dreamweaverでリモートサーバーとの比較ツールができないときの対処方法
スポンサーリンク

こんにちは。ゆとり(@yutori_techblog)です。

Adobe Dreamweaverにはローカルとサーバーのファイルの差分を比較する機能がありますが、なぜか比較しても何も起きないトラブルがありましたので、対処方法を記します。

発生した問題

ファイルを右クリックして出てくるメニューの中の「リモートサーバーとの比較」をクリックしても何も起きません

対処方法

下記の2項目を満たしているか確認してください。

Xcodeがインストールされている

Macのファイル比較ツールはXcodeに付属しているので、まずはXcodeがインストールされているかを確認します。

SpotlightでXcodeを検索

Command+スペースを押下し、「xcode」と入力します。

Xcode.appが表示されればOK

Xcode.appが表示されていれば、Xcodeがインストールされています。

ちなみに僕の環境では「バージョン11.4.1」でした。

インストールされていない場合

XcodeはApp Storeから無料でダウンロードできます。
右リンクからダウンロードするか、App Storeで「xcode」と検索ください。

ただDLサイズがべらぼうに多い(執筆当時8.1GB)ことに注意が必要です。

‎「Xcode」のレビューのチェック、カスタマー評価の比較、スクリーンショットやその他の詳細情報を見ることができます。macOS 10.15.4以降対応の「Xc…
apps.apple.com

Xcodeがインストールされれば次に進みましょう。

Dreamweaverの環境設定で「ファイル比較ツール」のパスが指定されている。

Dreamweaverの環境設定を開く

メニューバーの「Dreamweaver」→「環境設定」を押下します。

ファイルパスを入力する

「ファイルの比較」カテゴリから、「アプリケーションを選択してファイルを比較」の欄に”Macintosh HD:usr:bin:opendiff”と入力します。
※ディスク名が”Macintosh HD”の場合

完了

以上、「Xcodeのインストール」「『ファイルの比較ツール』パスの設定」の2項目を確認することで、僕の環境ではDreamweaverのファイル比較ツールを利用することができるようになりました。

さいごに

この記事ではAdobe Dreamweaverでファイルの比較ツールが利用できない場合の対処法を紹介しました。

しかし、ただ単にファイルの比較がしたいだけなのに、巨大なXcodeをインストールしなければならないのはなんとも不便ですね。
Adobe純正で実装しておいて欲しいものです。